こんにちは。wonder boyです。

今回は、アフォーダンスの意味と例ということで、
心理学で使われている用語であるアフォーダンス(affordance)について
簡単に書いていきたいと思います。

アフォーダンスとは、アメリカの心理学者
ジェムーズ・ギブソンが作った造語なのですが、
英語のafford(与える)という単語から派生した言葉です。

アホー(阿呆な)ダンス(踊り)ではないので、間違えないで下さいね笑

アフォーダンスの効果と例

アフォーダンスについて辞書を引いてみると、

環境の意味や認識主体によって加工されるのでなく、環境からの刺激情報のうちにすでに提供され、固有の形をとっているという思想。

と小難しいことが書いてあるのですが、
要は、その経験・体験をしたことで、
ある条件下に置かれた時、特定の行動をしてしまう
ということです。

例えば、ドアのレバーを見れば、
一度下に下げてから押してドアを開けたり、
ノブであれば回したり

あるいは、で表示されている文字は重要だと思ったり、
パソコン上で青い文字を見るとリンクだと思ったり、
意識または体が勝手に働いて・動いてしまいます。


なぜかといえば、すでにドアというものを見たことがあり、
開けたという経験・体験がある。

だから今回も…ということで、体が反応するんですよね。
こういったことがアフォーダンスと呼ばれます。

このアフォーダンスは、ネットビジネスにも活かすことができると僕は考えています。

経験、体験したことで同じ行動をしてしまうということは、
自分のファンを作ったり、コミュニティを作る際にもこの考え方を少し応用させれば、
多くのファンが作れたり、容易にコミュニティの人数も増えていくのではないでしょうか。

さらに、ブランディングにもつながっていきますよね。

普段何気ない生活の中で、意識しながら生活してみると、
あっ、これはアフォーダンスだと感じるものがあったりします。
ぜひ、探してみてください。