こんにちは。wonder boy です。

2014年があと2日で終了します。
今日は朝から髪を切りに出かけ

家の中も掃除し
あとは新年を迎えるだけになりました。

今年の振り返りもしていかなければならないですが、
それは明日また書いていくとして
まず、先日来年に向けて手帳を新しく購入してきました。

あなたはどうスケジュール管理している?

皆さん、そしてこのブログを見てくださっている方は
アフィリエイトとかネットビジネス系の方が多いと思いますが

専業の方とかはスケジュールは何で管理していますか?

僕の知っている方は、徹底的なデジタル主義ですが
他の人はどうなんでしょうか。

僕の周りでは、予定やタスクなどは
デジタルで管理している人が多いので
僕自身も一時期iphoneのスケジュール管理アプリに全ての予定を打ち込んでいました。

iphoneに打ち込みまくり満足していた過去

Refillsというすごく流行ったスケジュールアプリがありましたが…
今でも流行っている?…

調べてみると最近もこのアプリの記事を書いている人もいるので
相変わらずの人気なのでしょうね。

当時はそれこそミーティングだとかタスクも
何もかもをRefillsに打ち込んでいましたが
結局予定を打ち込むことに満足してしまう自分がそこにはいました。

一応未だにiphoneには残っているものの
現在は完全に空気と化しています。

今年このアプリ一切開かなかったんじゃないかな(汗)

1年ぶりにRefillsを開いてみました。

当たり前なんですが予定の記入が一切ありません。

ちなみに、先輩から『Nozbe』というサービスも勧められ
少し使ったのですが…でも結局ほとんど使用することなく終わりました。(-_-)

アナログじゃ~

時代はデジタルと言われているがそれがどうした!!!
やっぱりデジタルじゃなくてアナログだ~!!これからの時代は手書きだ~!!!

そんな風に思い、今度は手帳だ!手帳を使いこなすのだ!
そして僕は、アナログを極めようと試みます。

これも理由があってよくしていただいていた先輩講師の方から
スケジュールは何で管理しているの?
と聞かれ

その過程の中で
『フランクリンプランナー』を紹介され、
その方も使っていたこともあって僕自身も使い始めました。

フランクリンプランナーを知らない人のために軽く紹介しておくと、
名著『7つの習慣』で紹介されている習慣を実行に移すことができる手帳として有名です。

リフィル型を使っている方が多いのですが、
僕は持ち運びやすさも考えてオーガナイザーを使用していました。

今年使っていたオーガナイザー、赤のスティッチがなかなかカッコ良かった。

フランクリンプランナーを使いたいという人は、
とりあえず1年目は自分に合うかどうか確認するため
オーガナイザーを使ってみるのもイイと思いますね。

リフィル型の場合は、バインダーを購入するのが必要で、
オフィシャルのバインダーを購入しようとすれば、
バインダーだけで1万円以上します。

レザーのモノは、5万とかも確かあったと思います。
手帳に5万…怖いよ(-_-;)

僕は、オーガナイザーを2年間使用していましたが、
その中で思ったのは生産性のピラミッドと言われる

  • 価値観の明確化⇒目標の設定⇒週間計画⇒日々の計画

4つのステップに分かれているものがありますが
このサイクルをうまく回すことが出来れば
かなり生産性の高い仕事ができるよなと思いました。

7つの習慣の中に『目的を持って始める』というものと
『重要事項を優先する』という習慣がありますが

まさに、これを身に付けていくにはぴったりです。

そもそも7つ習慣言えますか?

7つの習慣って企業とかでも入社前の課題図書になっていたりするので
社会人であれば知らない人はいないと思いますが

そもそも習慣を7つ覚えてもおらず
実践してもいないという人はあまたいます。

しっかりと7つの習慣を身に付けていきたいと
思っている人にはフランクリン・プランナーはうってつけの手帳でしょう。

予定以外を書き込むことができる箇所が多くあり
『ザ・システム手帳』な手帳です。

例えば、ゴールプランニングというページ。

ゴールプランニングを作ることで、その仕事のゴール
目的が確認でき、デイリーページには、タスクリストが多く書き込める箇所があり
そしてタスク毎に重要度が振れることで、優先事項がぱっとわかるようになります。

ユーザーの二極化

ただ、これをしっかりと使いこなすことができる人がどれだけいるのか
という疑問も残ってしまうのが真実で

おそらく僕の見解では
フランクリンプランナーを使っている人は、めちゃめちゃ使いこなして
中がびっしり書かれた人とほとんど日々の予定くらいしか記入しておらず
まったく機能されていないまま使っている方と二極化しているような気がします。

残念ながら、僕はどちらかというと後者に近かったです。

誰でも購入した時は、「これからがっつり使い込むぞ~」と思うものですが
日が経つにつれて想いも薄くなり…気がつけば白紙のページも多くなり…的な
状態の人って多いと思います。まぁこれは、手帳に限らずですね。

もちろんよかった点も

僕はフランクリンプランナーをうまくは使いこなせませんでした。

ただ、使ってみたことでプラスになった点も多くて

例えばミッション・ステートメント(人生の目的)を
じっくり考えて書き出してみたりすることで
自分の今後のキャリアプランや将来を深く考えるきっかけになったし
一週間コンパスを使うことで『刃を研ぐ』ことの大切さがわかったりですね。

*刃を研ぐというのは、手帳の中では木こりを例に用いて
説明されていて

例えば、たくさん木を切るという結果を
生み出したいなら、いかに効率よく木を切っていくか
ばかり考えがちですが、そもそも木を切る『のこぎりの刃』を研ぐ
という行為を人間は忘れがちだと。

生産性の高い仕事をしたい⇒刃つまり、自分の体を研ぐという行為をしろってところにつながります。

これが毎週書き込んで、今自分がすべきことは何かを毎日見なおしていた
一週間コンパスです(これは本当に使ってよかった)。

いろんな企画に携わっている方なんかは、企画によって、立場が違ったりすると思うので
自分の立場を見直す上でもいいきっかけになります。

奥さんやお子さんがいるのであれば、父として、夫しての役割、目標は何だろうか
と1週間コンパスを見直すことで、家庭を省みないなんてことはなくなります。

「あなたは仕事、仕事って!少しは子どもの面倒も〇〇!!!」

なんていうことを言われた記憶がある方は、今直ぐ1週間コンパスを利用したほうが良いです。

2015年は『ほぼ日』に決定

というわけで、2年使ったフランクリンプランナーは
2014年で卒業し、2015年は『ほぼ日手帳』デビューをしました。

まだ厳密には2014年ですが…。

僕が今回手帳を選ぶ上で大事にした点は以下の通り。

細長のコンパクトなタイプ

今までは、大きめのA5サイズを使用していましたが、
これだといろいろ書き込めて良いと思っていたのですが、
ポケットに入れての持ち運びが無理なのです。

ふと何かアイディアとかが出てきた時に
すぐに書き込めるよう常に近くに携帯しておきたいと思ったので

細長のスーツの内側ポケットに入るサイズにしました。
スラックスの後ろポケットにも入るのもグッド!

タスクなど細かく記入する枠がなくてもOK!

タスクに関しては、フリースペースがあれば記載できるため、
敢えてそれ自体を記載する専用のスペースはないものにしました。

枠があることで何でも書き込まなきゃという
観念が生まれちゃうんですよね。

レフト式で左ページが一週間分予定、右がフリースペース

レイアウトは、レフト式のモノにしました。
今までは、1日1ページ型のモノでしたが、
結局使いこなせなくなったのです。

ケースがあって、手帳以外のモノも収納できる

収納はかなり大事ですよね。
特に書類とかを一緒に持ち運ぶのには、
手帳カバーの内側のビニール部分では足りなさすぎます。

かといってA5サイズはでかすぎる!

周りであまり使っている人がいない

これも自分的には以外と大事な点でした。
なんと、周りにはほとんどほぼ日使っている人がいませんでした。

個人的に手帳を選ぶポイントだと思っているのは、
大きさ⇒レイアウトの順で決めていくこと。
有名なブランドの中から何がいいかな~だと一向に決まらないですし
もしくは、時間のロスがでかくなってしまいます。

2015年の相方を公開

購入した手帳がこちら。

『ほぼ日』のweeksタイプの黒。
デザインは豊富なのもいいですが、
ケースも買うことを考えていたため、
結局シンプルなブラックにしました。

ケースはブラウンのporterのモノを購入。

そこまで厚みもないわりに収納もできるので気に入っています。
一週間コンパスに関してはとりあえず継続して使っていこうと思います。
さて、1年後どこまで使い込まれたような状態に仕上るのか。個人的にも楽しみです。

あなたは副業に興味がありませんか?

1日1~2時間の作業で月に数万円のお金を生み出すことが可能です。

もちろん僕のように数十万~百万単位で稼ぐことだって可能です。

よろしければ是非メルマガにご登録下さい。