こんにちは。wonder boy です。

予備校で授業をしていると、「 学ぶ=覚える 」だと、勘違いしている学生がいます。

これは、学びの本質とはかけ離れたものです。

覚えてから、それをどう自分の人生に活かしていくかが大切なのではないでしょうか。

しかし、「 覚えるからこそ、活かせる 」と
いうことも現実問題としてあるわけで。

学生のうちは記憶を問われるような試験もあるし、
社会人であれば、その属している業界の最低限の常識や
、数字等は覚えておいたほうがいいでしょう。

この辺のことがパッと答えられないようでは不信感を持たれたりしてしまいますからね。

私で言えば、TOEICが何点満点で、
出題の傾向がどうなっているかなどですね。

今回は、私が学生の時学んだ記憶方法について、
そして現在も行なっている方法をお伝えしていきます。

学生時代に学んだ記憶の方法

感情の動き

まず、感情と記憶の強さには密接な関係があります。

仮に「楽しい」なんて感情が生まれ
それが記憶と伴うとすると、記憶に残りやすくなります。

これは、例を出すとわかりやすいのですが、
私が実際に教えていた学生でいたのですが

英単語はまるっきり覚えられないが、
ポケモンに出て来るモンスターは全て言えたりとか

数学の方程式の問題はさっぱり?状態だけど、
市内を走ってるバスのアナウンスは全て記憶しているとかですね。

つくづく子どもって凄いな~と思うのですが、
彼らは興味を持ったものに対して、ハイパーな力を発揮しますよね。笑


感情が大きく動く、そんな経験をすると
自分の思い出として強く記憶されることになります。

大学に合格したあの日のことや、結婚式の日のことなどなど。
なぜ、これらのことを忘れないかというと、そ
れは感情が強く動いたからなんですね。

だから、記憶力を高めたければ、
楽しい、嬉しいといった感情と一緒に覚えるのが効果的です。

感情を強く動かせばいい。

再認と想起

再認とは、例えば、一度読んだことのある本があり、
その内容を思い出したくて、また本を開いてしまうことですね。

これって、よくやる人が多いですし、
自分も以前はよくやっていたりしました。

今は、すぐに本をもう一度開く前に、
どういった内容が書かれていたかを思い出そうとする
という作業を挟むようにしています。これが想起。

これを挟んでから、本を開くと、
すぐに開いた時とは違う感覚が得られます。

言葉にしようとすると、難しいのですが、
「あっ、こんなことも書いてあったんだ」とか、
「うゎ全然覚えてねえなぁ~」とか。新しい気付きが得られます。

思い出したいけど、思い出せないその気持ちが
感情を高めるので、
記憶に残りやすくなるんですね。

エピソード⇒映像化

文字の文書よりも、映像の方が
記憶に残りやすいということはよく言われていますね。

メールの内容、映画の1コマ

例えば、受け取ったメールの内容を一字一句
間違わずに覚えていることはなかなかできません。

ちなみに文字データはパソコンでいうなら
たった数キロバイトでしかありません。

逆に映像になると、例えばテレビで以前
見たことがある映画の予告が流れた場合、
一瞬にして、「あっ、映画のアバターだ」のようにわかったりします。

動画データというのは大きければ
テラバイトのような大きい量になるにもかかわらず、
一瞬で判断することができます。

人間がパソコンにかてる唯一の記憶分野が動画です。

応用すると

この理屈を応用すると、例えばテキストで書かれたものを
映像化できたら、簡単に記憶できると思いませんか。

えっそんなのムズすぎって思うかもしれません。

でも、簡単なことなのです。例えば、「迷ったら、危険な選択肢を選べ」
を覚えたかったら、危険な選択肢を選んで成功している
自分をイメージしてみる。これだけでいいのです。

7つの習慣を読んだけど、感想を教えてと言われて、
「え~とね~よくわかんないんだけど、7つの習慣があって、それを守るのが大切らしいよ~」
とか言っている人、オススメです。(実際に僕の周りにいた人ですw)

まとめ

情報はこの世の中に腐るほどあります。
その中の情報を情報として受け取ってインプットするのではなくイメージ化していきましょう。