こんにちは。wonder boy です。

2015年になり、すでに20日が過ぎましたが、
みなさんどんな感じですか?

僕は、2015年の元旦に最悪なことが起こりました。

元旦からマンションに引きこもった2015年

2015年を迎え、ガキ使を見て、
今年も頑張っていこうと決意し、お気に入りのほぼ日手帳
いろいろ目標とかを書き込んでいい年明けを迎えられる
そう思っていました。

ところが、僕の計画は大いにくるうこととなりました。

1月1日夕方頃、そろそろ実家に帰省するかと考え、
支度をし終えて、スーツケースにいろいろまとめ
準備万端!

マンションの入口まで車を移動させ、そのまま
エンジンを切りました。

今思うと、これがこれから始まる最悪な正月三が日の
入り口への扉だったのかもしれません。

荷物に車のトランクに入れ、さて帰るかと思い、
運転席に座り、エンジンをかけたら…

ブオーン

あれ、この音はもしかして…

そしてバックにギアを入れ、進もうとしたら
急にタコメーターがどんどん0の位置に動き出し、
突然のエンジンストップ。

その後、エンジンをかけることを試みるも、うんとも
すんとも言いません。

「あちゃ〜やってしまった…」(-_-)

そうです。8に乗っている人であるならば、
一度は経験があると思いますが、プラグかぶりです。

この記事を見ている方であれば、ロータリーのことは、
説明するまでもないですが、寒い時、特に今の時期は
数メートルのチョイのりをすると、エンジンがかからなくなります。

原因もわかっていて、プラグに燃料がつきすぎてしまって、
火が起こせない状態になってしまうんですね。

簡単に説明すると、濡れた雑巾に火をつけようと
しても簡単には火はつかない、燃えないという
状況と同じと考えればわかりやすいのではないでしょうか。

8だけではなく、スポーツ系?タイプの車は、チョイ乗り行為は、
基本的にNGだとよくききます。自分の中でもわかっていただけに
なぜ俺はやってしまったんだと後悔しかありませんでした。

しかも元旦に…

他にもRX8について記事があります。
是非ご覧下さい。

カブらせ歴


僕は、今思えば、散々プラグをカブらせてきました。

一度目は、会社への通勤時、住んでいるところと校舎の距離が
1.5キロくらいしかなく、その日もかなり寒い日だったのですが、
長い下り坂を下った下に警察署があり、その目の前の信号で
エンストし、エンジンがかからなくなりました。

あの時は、僕のクルマの後ろにいたドライバーの方
数人に警察署の方に車を押してもらって、
駐車場に一時置かしてもらったりしました。

そして、二度目は、チョイ乗りした後、再度エンジンをかけた際に
「あーこれはかぶってるな」と思ったのですが、
(何度もカブらせてきた人は、エンジンかけた瞬間音でわかりますよね!?)

急いでるし、まぁ、アクセスを少しフカした状態で、
信号とかでも待っておけば大丈夫だろう
という安易な考えで車を走らせ、大通りの信号待ちの際に
エンストし、かなりの渋滞を発生させました。

渋滞を発生させるなんていうのは、これ限りにしておきたいです(-_-;)

くしくもこの時は、エンストした、真横にホンダの
ディーラーがあり、そこのスタッフに車を押してもらい
なんとか切り抜けることができました。

もちろん、遅刻はしてしまったけど…

他にも何度かやらかしてますが、エンジンを2速とかで
ぶん回して切り抜けた会が何回かありました。
とにかく散々カブらせてきて、またやってしまった。

『俺は何回やれば気が済むんだ!』そう心の中で思いました。

2015年にカブらせた話の続き

さて、話を戻すと元旦にプラグがかぶり、
その後どうしたかといえば、
そう!JAFへの電話です。(ディーラーはやってないですからね)

思えば、去年鍵をトランクに入れたまま閉じちゃった事件
起きてから、JAFには万が一のため入っておこうと思って
入会していたので、これで助かった!と内心思ってました。

ところが、明るくて元気な青年が来てくれ「任せて下さい!」
と言って、必死にエンジンをかけようとしてくれているのだが…

「すみません…無理っすね」

結局、JAFのお兄さんは何もできず帰って行きました。

くそ寒い中、僕は外に立ってJAF兄さんの健闘を称えたのでした。

これは、ディーラーしかない!と思ったものの3日まで
お店はやってなかったので、そのままマンションに引きこもる
ことになりました。

僕の2015年の正月って何だったんだろうか…

マンションのロータリーに静かに佇む8。エンジンはかからない。

ディーラーにて


1月3日に、さっそくディーラーに電話をかけ、
診てもらえることになったので、JAF兄さんへ
再度、電話。10キロ以内の距離であれば運んでもらうのは
会員は無料でしたので助かりました。

JAF兄さんようやく役に立ったよ。

ディラーでは、ガソリンを抜いて、プラグの洗浄やらなんやら
いろいろしてもらい、バッテリーの交換も行ったので、
トータル3万7000円程かかりました。
明細もまたライフログがてら後ほど入れておきます。

ディーラーの担当者いわく、「相当バッテリーも弱ってまして…」

今回のプラグかぶりで相当セルを回したせいですね。
というわけで、正月の3日に約4万ほど払って車を治して
僕の2015年の正月三が日は終了となりました。

たぶん二度と忘れない正月になると思います。

マツダのディーラーが「こんなに高くなってしまってすみません…」
と申し訳無さそうにくれた福袋。

ありがとう。エリエールのティッシュは大切に使わせてもらうよ…

あなたの8がかぶったらその時

まずは、チョイ乗りしないことが一番ですが、
わかっていてもやってしまうのが人間です。

もし、8のエンジンプラグがかぶってしまった
という状況になったなら、ぜひデチョークを知っておきましょう。

これだけ、プラグかぶりが生じる8ですから、マツダは
対策として、デチョーク機能を仕込んでいます。

デチョークのやり方

  1. アクセルペダルをベタ踏みする
  2. ベタ踏みした状態のままセルを7秒ほど回す
  3. エンジンスイッチをオフにする
  4. 通常通りエンジンスタート!

この4工程を基本的には繰り返します。
カブっても自分で対処したいと思っている人は、ぜひ覚えておきましょう。

ホンダのディーラーでの裏話

僕のカブられ遍歴を紹介したところで、
ホンダのディーラーに助けてもらったということを
書きましたが、確かに彼らには助けられました。

車を一緒に押してもらいましたからね。
あと、店舗の中で温かいお茶を出してもらったw

彼らに車も少し見てもらったのですが、
僕自身は、何度目かのかぶりなので、もう完全に
プラグかぶりだと思っていたわけですが

僕のクルマを見たホンダのディーラーの方が言ったのは、
「いやぁ〜これ完全にエンジンがいかれちゃってますね、
エンジンまるごと交換になりますよ」

でした。いやぁ〜全然わかってねぇ〜。ホンダわかってねー!!!

車は信頼できる
そのメーカーの方に診てもらいましょう。

2016年追記

おかげさまで、この記事もかなり多くの方にみていただいています。

このかぶらせ事件以降、僕はプラグかぶりを回避し続けています。
いやぁ~成長したもんだ^^

先日、サイトにご訪問いただいた方からご質問を受けましたが
直接お問い合わせメールもけっこういただいていますので
僕なりのプラグかぶり基準というものを記載しておこうと思います。

まず、ちょい乗りは2回連続はダメです。
やるなら1回で辞めて下さいw(一番良いのはちょい乗りをしないこと)

最低限走る距離としては、街乗りで3千回転まで回るとしてリスクを避けるなら
5キロくらい走れば十分かなと。

目安は水温計のメーターが右のメーター(運転席から見て)の一番上にありますが
針が真ん中くらいまで来て、車が温まっていれば問題ないはずです。