こんにちは。wonder boyです。

宮崎駿監督が黒澤明氏以来2人めとなるアカデミー名誉賞を受賞した
ニュースが話題になりました。

昨日、金曜ロードショーで話題になった千と千尋の神隠しですが、
アカデミー賞の長編アニメ賞を受賞していたことも知りませんでした。

千と千尋ネタばかり

昨日のついっぷるのトレンドを見てみると、夜の9時以降は、
上位に並んでいたものは、ほとんど千と千尋のネタばかり。

ツイッターアフィリをやっている人は、
こういうところ学べることが多いので、
ちょくちょくついっぷるのトレンド・ランキングは
見てみると良いですよ。

毎日眺めるだけでも、どういったネタが
リツイートされやすいのかが少しずつ掴めてきたりします。

さて、僕は、ブログを通して自分の理念を持って
情報を発信しようとか、MSPを固めていきましょう
という話はよくしています。

アニメや映画も同じように提供したい世界観(テーマとかコンセプト)というものがあります。

それが、何なのか考えながら見てみると
普通に見るよりもより作品に対する理解が深まり楽しいし、
作り手の頭の中が見えてきたりします。
来週もジブリ「風立ちぬ」が放送されるということで、
ぜひ何度か見たことがある人は別の視点から映画を見てみるといいと思います。

では、昨日放送された千と千尋の世界観とは

千と千尋の世界観

映画の中で出て来る『カオナシ』。実に不気味な存在で
確か初めてこの映画を見た時はどうしてこのキャラを使うのか、
なぜ出てきたのかさっぱりわからなかった。

まずそもそも何?おばけ?神?的な立ち位置?

よくよく考えてみると、カオナシは、
「寂しい寂しい」というセリフを何度かいいました。

仲間がいなかったのでしょう。そんな時に千尋に優しくされ、
千尋なら自分を必要としてくれる、仲間だと思ってくれると思ったに違いありません。

だから、金をばら撒いて千尋の気をひこうとしたんだと思います。

ワンテーマではないので、多くの伝えたいことがあるとは思いますが、
1つは、「自己存在証明」が言えると思います。

千尋が異世界に迷いこみ、自分で自分の居場所を作る、
自分という存在を認めさせる、さらに住んでいた河を
埋め立てられて居場所がなくなったハク、そしてカオナシというふうにつながっていきます。

こういう風に映画って特に名作と呼ばれているものは
伝えたいことがあって映像作品を作るわけですから、
それを見る側はきちんと受け取りたいですよね。

来週は「風立ちぬ」

来週は、「風立ちぬ」が放送されますが、
賛否両論の映画だったようで、
大衆向け作品ではない。ということを
友人が言ってました。

村上春樹に近いような感覚?って感じでしょうか…

歴史的背景等が頭に入ってないと理解できず、
「結局何だったの?」で終わちゃうとかなんとか。
宮崎氏からすると、歴史的流れを知らない人は
もう相手にしませんという、まさにステージの低い
やつは相手にしねえというのが現れているらしいです。

さて、僕は、一度も見たことないので楽しみです。