こんにちは。 wonder boy です。

愛知というか、名古屋に住んでいて思った事があります。

ラーメンといえば、「寿がきや」というこのデフォルト感。

凄いんです。東京での生活も長かったんですが、
こんなデフォルト感ありませんでした。

大阪には住んだことないですが、「天イチ」レベルなんでしょうか。

スガキヤの特徴とは

寿がきやを知らない人に寿がきやの特徴を紹介していきたいと思います。

寿がきやのラーメンの特徴なんですが、なんとこの寿がきや、
ラーメンと甘味がメインメニューというある意味くるった感じなんです。
いや、これを良い意味という捉え方をする人もいるかもしれませんが
普通のラーメン屋で甘いものとの組み合わせなど考えません。

ラーメンは300円くらいで食べられるのですが、
それ以外にも、甘味(デザート)が揃っています。

ぜんざいとかあんみつとか、若者達は、ソフトクリームを食べている人が多いですね。

創業当時の昭和23年はラーメン一杯30円
だったということですから驚きです。

こんなラーメン屋ないでしょう?見た事ありますか?
いや、無いですよね。

というか、そもそもラーメン屋じゃねえんだろうな。

ということで、調べてみました。

寿がきやの歴史

1964年に…え?…甘味の店として開店。なるほど。
その2年後にラーメンを販売…

え?…逆なんかい!

もともと甘味処だったんですね。でも、何でラーメンに手を出したんだろう。

寿がきやを代表するアイテムがこれだ!

そして、もう一つ、寿がきやを語る上で欠かせないアイテムがあります。

それが、フォーク・スプーンです。

正式名があるのかもしれないですが、知りません。

ラーメンには、通常、レンゲというスープを飲むための
スプーンがついていますが、寿がきやの場合はちょっと違います。

capture-20141030-030841

アマゾンで売ってる!

まじか!しかも3000円って

おい!高すぎやろ!まぁ、とにかく画像があってよかった。
これです、これ。スプーンの先がフォークになってるんですよ。

友人に聞いてみたところ、通な人は、箸ではなくこれを使って
食べるらしいですが、本当でしょうか!?

おまけ:寿がきやトリビア

  • 寿がきやの価格設定に関しては、一般的なコーヒーよりも安くするようにしている
  • 寿がきやのスープは、とんこつだけでなく、魚の節を数種類混ぜている
  • 麺を作る工場では、小麦粉が届くとインディージョーンズのテーマが工場内に鳴り響く
  • ラーメンフォークの販売数は年間1万本。ニューヨークでも売られている
  • スープはヘビでだしを取っているとの噂がありますが、
    当時の社長がその噂の否定をしなかったことで、どんどん噂が広まった。実際は、ヘビなど使用していない。
  • 日本発、料理ができた時に音がなる呼び出しベルを導入をした。
  • 愛知学院大学などの大学内にも店舗があり、学割価格で提供している
  • 図書館の中にも店舗がある
  • インスタントで売られているみそ煮込みうどんに鶏肉を入れると美味しさが格段にアップする

東京には店舗がないようですので、出張に来た際には、
ぜひ寿がきやでもどうでしょうか。

いや、社会人ならもっと良いもん食いたいか!w